結婚披露宴の2次会

昨今は、結婚披露宴がお開きになった後、
気の置けない友人連中が集まっての二次会を行うのが通例となってきました。

さて、この二次会は参加者が会費を持つ形で行われるのが一般的です。
ただ、たとえばアトラクションでゲームをしたとき、その景品代も会費の中から充当するのかとなると、ケースによって違っているようです。

ある会では、要は飲み食いだけの費用として会費を充てて、それ以外の、景品代やお土産代はすべて新郎新婦側が負担しています。
かと思うと、二次会にかかる費用のすべてを会費で賄っている会もあります。
ただ、出席した人の大半が喜んで、会が盛り上がることを意図とするならば、相応に豪華景品を用意しておくことが求められます。

そうなった場合、出席者からの会費の中から景品代を充てる、ということは、言いかえれば、料理なり花なり、何かを削減しなければならなくなってしまうのです。

多くの出席者に二次会を存分に楽しんでいただくためにも、景品代に関しては、新郎新婦側で負担するのが望ましい結果をもたらすようです。