共起語とは

  ネットビジネスで重要なことはサイトに多くの人が来てもらうことで、
そういう時にはseo対策をよく行います。

この対策をしておくとネットで検索をした時に上位にきやすくなるので
色々なメリットを得ることができます。

seo対策には色々な種類がありますが、サイトで使う文章に工夫をするやり方があります。

ネットで情報を集めて評価をするのはコンピューターなので、
ある程度特徴を持っており、その特徴を利用するのがseo対策になります。

文章で行うseo対策には共起語と呼ばれるものが存在していて、
この共起語とは特定の単語と関連する言葉という意味があります。

共起語の例としては飛行機が飛ぶというものがあり、「飛行機」という
単語があったら「飛ぶ」という言葉が続きやすい特徴があります。

ワードの連想

例えばこれが飛行機が泳ぐという形にはならないため、文章では
特定の単語が来るとそれに似た言葉が使われやすいです。

ネットで情報を集めて評価するコンピューターでは
共起語を重視していて、そういう形の文章を評価することがあります。

そのため共起語とわざと存在させることによって、
サイトをネットの検索で上位にする方法が存在します。

そういうやり方で、共起語を使う時は文章で使う方法も
ありますが、タイトルで使うとより高い効果を得られます。

共起語については、具体的にどのような形でコンピューターが
チェックをしているのかはわかっていません。

そのため確実に効果があるかははっきりしていませんが、
対策をしておけばメリットを得やすいです。

キーワードは正確に

キーワードを設定する際に、発生する問題に、”表記ゆれ”というものがあります。
たとえば、同じ用語でも漢字・カタカナ・ひらがなといったいくつかの種類が
存在するような場合です。

同じ意味でも表示の仕方が変わるような場合。
これを表記ゆれと言います。

サイトへの集客を集めるためには、この表記ゆれを含めて
キーワードを選択する必要があります。

設定のポイント

ユーザーによってひらがなやカタカナなど。
どのように入力するかわからないからです。

表現の仕方なんて、人それぞれですもんね。

しかし、一方HTMLを作成する際には、この表記ゆれを文章に含めることで、
SEO対策の効果が薄まってしまうというデメリットがあるのです。
文中の表記は統一しましょう。

サイトのデザインとしても、ユーザーの使いやすさとしても、ひらがなやカタカナが
同じワードで混在していては非常に見にくく感じてしまいます。

ですから、SEO対策だけでなく、単純に見やすさという意味でも、
これを統一することには気を付けた方がいいと思います。

 

NEXT

「HOME」へ→→→

インプレッション アクセシビリティ 解析   アドバンスドサーチ   アドワーズ   アンカーテキスト