2ステップ

 キーワードが決定したら、サイトのテキスト内に適切に配置します。
まず、必ず配置しなければならない部分。

・タイトルタグ ・メタネームキーワーズ ・メタネームディスクリプション ・H1タグ
これらに選択したキーワードを配置します。

タグとキーワード

さらに本文の中にも適度にキーワードを埋め込みます。
何個が適切などというものはありませんが、本文中にワードを入れることさえ
意識して作成すれば自然と適切な量になるとされています。

過剰に配置された文章は、実際に読んでみると不自然に感じますし、
商品名が連呼される違和感のある文章になってしまいます。

文章を作成したら、ある程度自然な登場を心がけて添削してみると
よいのではないでしょうか。

さて、実際にテキストを作成できたら、テキストの採点ツールを利用してみましょう。
ネット上にはW3C準拠という公用語のようなものがあります。

専門用語

これはHTMLの作成に関する文法を定めたものです。
これに準ずることで、検索エンジンもあなたのテキストを判読しやすくなります。
ぜひ一度利用してみてください。 なお、サイト自体の良し悪しを
判定するものではありません。

HTMLってずっとタグや文章が並んでいるので、自分ではおかしいところを
見つけるのってなかなか至難の業です。

そんな時にこういったツールを利用すれば、簡単に改善点が見つかることもあります。
最近ではネット上に簡単に使えるツールが多数存在します。
それらを上手く活用していきましょう。

NEXT

「HOME」へ→→→

SEO対策を考えること / アクセシビリティ / SEO対策を行う解析 / アドバンスドサーチSEO対策が有効な方法 / SEO対策アドワーズ / アンカーテキスト / SEO対策のポイント / 最初のseoステップ / 次のステップ / 最後のSEO対策ステップ / 日々のSEOメンテナンス / 注目度を上げる / ユーザービリティーを考える / サイトのブラッシュアップ / 簡単にできるseo / 連想ワードでseo対策アクセスアップ / サイトの育て方 / 中小企業のSEO対策 / ソーシャルメディアマーケティング / ページビューアップ / サイトの質を上げる要因 / SITEMAP