SEO対策でのプラグインの利用

  SEO対策として重要なのはサイトのカテゴライズをする機能です。

SEO対策で検索エンジンに上位に表示することが目的ですから、
検索エンジンの巡回ロボットに分かりやすく伝える、見て欲しい、
カテゴリに追加して欲しい内容を出来る限り伝えることが重要です。

今後もさまざまなプラグインが開発されていきますが、SEO対策でも重要性が増しています。

最近ではプラグインを利用するということが増えています。
プラグインはある機能を付与することです。

サイトの場合は検索エンジンに好かれるようにサイトの内容をカテゴライズする機能であったり、
誤字脱字を修正してサイトの中身を綺麗に整理する、来場者に合わせてコンテンツを変更するなどが機能としてあります。
便利なプラグインを活用することによって、サイトの質を更に高めることができるのです。

ディスクリプションの設定

プラグインのインストールが済んだら、次に抑えておきたいのがディスクリプションの設定です。
ディスクリプションとは、検索結果ページでページタイトルの下に表示される説明文のことをいいます。

この説明文は実際にアクセスする前にページの内容や特徴をアピールすることができるため
PR効果が高く、SEO対策における重要な役割を果たします。

サイトのPR

そのため、SEO対策として考えた場合にはディスクリプションには単純にページの説明文を書けばよいというわけではなく、
見た人がアクセスしたいと思えるような文章をよく吟味した上で載せる必要があります。

ただし、ページの説明文を詰め込みすぎてしまってもSEO対策としての効果は薄れてしまうため、
文章を作成する場合にはバランスを考えることも必要で、一般的には80文字から160文字程度に収めるのが望ましいとされています。

形態素解析を理解しSEO対策する

形態素解析とは、文章を意味を持つ最小限の言葉に分解し、
文章やフレーズの意味を解析することです。

大手検索サイトなどで、自社のホームページなどを上位に表示させるために
SEO対策を行うのですが、大手検索サイトなどが文章をどのように解析して、
その単語にヒットするホームページを上位に表示させるかを把握しなければなりません。

花屋を経営していて、通販事業を始めたので、花屋と通販が
検索サイトからヒットするように対策をとっていたとしても、
検索する人が花と通販で検索している場合などは上位に表示されることはありません。

SEO対策は、検索する人が入力する単語などを予測して対策をとる必要があることから、
SEO対策を専門にしている会社に相談することが大切です。

SEO対策専門の会社

リンクの重要性

SEO対策では、どの書籍やサイトを見ても、リンクの重要性について語られていることでしょう。

確かに、SEO対策においてリンクは重要な役割を果たしています。
検索エンジンは、様々な角度からあなたのサイトを評価しています。
その評価基準はもちろんリンクだけではありません。

しかし、先にも述べたように、各検索エンジンは評価の内容を公表していません。
ですので、様々なところで紹介されているものは様々な経験に基づいたものということになります。

しかし、リンクが検索結果に影響を及ぼしているということはわかっています。
これは、リンクを獲得することで、あなたのサイトが他者のサイトから評価を受けていると判断されるため、
あなた自身のサイトの評価が上がるという仕組みです。

そこで、とにかくリンクを獲得すればいいというような通説が蔓延しているのです。
しかし、リンクをとにかく貼ればいいということではないものです。

例えば、全然ジャンルの違うサイトから大量にリンクが張られていた場合、とても不自然ですよね。
同じジャンルやカテゴリから、適度の期間をかけて貼られていくことが大切です。
また、リンク先の方の現状のページランクにも左右されてしまうので、上手に調節することが大切です。

NEXT

「HOME」へ→→→

SEO対策を考えること / アクセシビリティ / SEO対策を行う解析 / アドバンスドサーチSEO対策が有効な方法 / SEO対策アドワーズ / アンカーテキスト / SEO対策のポイント / 最初のseoステップ / 次のステップ / 最後のSEO対策ステップ / 日々のSEOメンテナンス / 注目度を上げる / ユーザービリティーを考える / サイトのブラッシュアップ / 簡単にできるseo / 連想ワードでseo対策アクセスアップ / サイトの育て方 / 中小企業のSEO対策 / ソーシャルメディアマーケティング / ページビューアップ / サイトの質を上げる要因 / SITEMAP